自宅ヨガ

自宅でヨガ始めます

こんにちは、詩織です。ずっと考えていたのですが、やっぱり自宅でヨガをやることにしました。

マットは昔買ったものがあるので、あとは教材だけ見つければいつでもスタートできる状態でしたが、探すと動画もたくさん見つかるものですね。

全身でポーズを取ることになるので、テキストを開きながらというのは少し難しく、動画を見ながらできる方法がよいのではというところへ行きつきました。

ヨガをしてみたい人は、PCがなくても、スマートフォンでヨガのアプリが利用可能だったりもしますので、自分のスタイルに合ったものを選んでみるとよいかなと思います。
理想は教室のレッスンを自宅で受けることですけどね…。

ホットヨガを退会してから少しだけブランクがあったので、まずは感覚を取り戻すために基本のポーズから。
三角のポーズ、英雄のポーズ、立木のポーズ…。どれも簡単ですが、身体が伸びていくのを感じます。
ブランク空けちゃったから、少しだけ硬くなってるかなぁ(;´・ω・)

腹式呼吸もあわせて実践することで、リラックスして副交感神経が活発になります。
身体が温まってきたところで、有名な鳩のポーズ。身体が硬いうちはなかなかできなかったポーズですが、今はなんとかギリギリできます。
お腹からヒップにかけてのシェイプアップになるだけでなく、骨盤のゆがみが改善するなどの効果が期待できるポーズであることと、やはりヨガといえばこのポーズというくらい有名なので、最初にヨガを始めた時は早くこのポーズができるようになりたかったものです。

自宅でお家ヨガをしていると、動画を一時停止したりするのが少し面倒ですが、それなりの効果は期待できそうです。
何と言っても気軽にできるのが良いですね。仕事が忙しくて帰りが遅くなってもできるのは大事です。

ヨガを自己流でやる際の注意点

こんにちは、詩織です。首都圏には、大都市を中心にヨガ教室やヨガスタジオは当たり前のようにありますが、家の近くやオフィスの近くにないといった方もまだいるのではないでしょうか。

ヨガには興味があるんだけど、教室やスタジオがないから始めることができないと諦めないで下さい。そうした方は私が考えているように自宅で始めてみるとよいかもしれません。

いろいろ調べてみたのですが、基本的にヨガ初心者ならヨガ教室やヨガスタジオで、きちんと基礎を覚えるほうが良いみたいです。ただ、自宅ヨガやお家ヨガを行っている人も増えているのが現状です。

どうしても自分だけで行う分、いくつかデメリットがありますが、ヨガ初心者でもそれらを理解し対策することで、十分ヨガを楽しむことはできると思います。

では基本的にどんなデメリットがあるのか?一番問題になってくるのは「ヨガで大切な呼吸法」でしょう。

ヨガというのはポーズをとるだけではく、呼吸法を用いて瞑想し調和させることが重要になりますからね。

ポーズ自体は、形状を見ることである程度理解できますが、「呼吸法や瞑想」については、ヨガのやり方などの書籍を購入し見よう見まねで行おうとしてもテキストでは中々理解しにくいものです。

そのため、ヨガを自宅で始めるなら、特に初心者は書籍の他にDVDも購入したほうがよさそうです。基本の動きはテキストで学び、呼吸法については映像で学ぶようにすると理解しやすいかもしれません。

書籍やDVDについては、今後何回も確認するわけですからね。レビューや口コミなを参考に評判のよいものを選んでみることをオススメします。